キャバクラの退職代行を弁護士に依頼した経験談|ブラック店は弁護士しかダメ?

水商売・風俗でもOK

おすすめ退職代行業者ランキング

R2.8改訂


※水商売・風俗店の退職代行は難易度が高いため、依頼をお断りされる業者が多いです。以下の3社は実際当サイトでも実績もありますので、安心して相談が出来ます。

1位 退職代行ガーディアン
労働組合法人による代行交渉/29,800円

安くて確実に辞められる!法適合の合同労働組合なので安心!代行や交渉も可能!

最悪の場合でも、組合が団体交渉を起こして依頼者を守ります。安心して辞めたいならガーディアン。

まなのアイコン画像まな

早く・確実に・安く辞めたいなら、退職代行ガーディアン!

2位 弁護士法人みやび
弁護士による代行交渉/55,000円

金銭の交渉など弁護士にしか出来ない業務も格安で依頼可能! 24h対応!

有給取得交渉/給与未払いへの対応/損害賠償・退職金・未払い残業代の請求が可能なのは弁護士のみ

まなのアイコン画像まな

給料交渉もしたいなら、少し割高だけど「みやび」一択です!

3位 ニコイチ
【弁護士監修の代行交渉/27,000円】

退職代行の老舗!!

各社を徹底比較した、おすすめ業者ランキング詳細(特徴・口コミ・注意事項)はこちら!

「辞めたい」なんて言い出せそうな雰囲気一切なし!

ブラックなキャバクラで勤務していたキャバ嬢が、弁護士による退職代行でキャバから即解放された実話です。

  • ブラック職場は法律事務所の退職代行業者を使うべき理由
  • キャバを辞めさせてもらえたことのメリットとデメリット
  • 法律事務所で実際かかった退職代行費用 などを教えてくれました。
画像
O・Hさん体験談

大阪府在住、転職時の年齢は30歳。小規模のキャバクラで5年勤務。

フリーターとして週3で1日3時間程度勤務。顧客は10名程度で月の売り上げは約20万円。

退職を手伝ってくれた退職代行会社は【弁護士法人みやび】

※追記:「 汐留パートナーズ法律事務所 」は「弁護士法人みやび」と名称変更しています

まなのアイコン画像まな
水商売のお店でも格安で対応してくれる珍しい事務所だよ!

\弁護士の退職代行ならココ!/

目次

キャバクラを辞めたいと思ったきっかけ。

私が、お店の対応が非常に悪くなってきたことがきっかけで、キャバクラを辞めたいと思うようになりました。

私がキャバクラに入店した最初は優遇されている感じもしましたが、固定であるお客さんの離れ方が目立ってきたら、キャバクラ内での扱いがひどくなってきました。

直接的にマネージャーからも、パワハラ紛いのプレッシャーを与えられたこともありました。

キャバクラ内での扱いがあまりにも、ひどくなってきたし、回りの女の子への当たりもキツかったようで、他の女の子も辞めたいという子が増えてきました。

そうしているうちに、キャバ内での女の子の入れ替わりも激しくなってきました。オーナーが変わって、運営方針が変わったことが原因だと考えられます。

私も夜職は潮時だと考えて、キャバクラを辞めたいと決意しました。

なぜキャバクラを辞めたいのに自分で辞められなかったか?退職代行を利用したきっかけは、揉めそうだったから。

私が働いていたキャバクラは、小さなキャバクラということもあったので、ブラックな感じが強かったのです。

私がキャバを辞めたいと思っても「自力で辞めれないな」と感じたのは、回りの女の子が辞めるときに、店と相当揉めているのを見たからです。

また、辞めたいと申し出たキャバクラの同僚が、フロアマネージャーなどから大声で恫喝されている場面も見てしまいました。

私は気があまり強い方ではなかったので、そんな状態で、「私もキャバクラを辞めたいです」と自分から辞める意思をキャバクラに伝えることができなかったのです。

また、色々と他のキャバクラを辞めた時のキャバ嬢さんの事も調べてみたら、飴と鞭ではありませんが、女の子がお店にいることの重要性を説き伏せられて、執拗な引き留めもあるというのも見ました。

私はあまりな引き留めをされると、「キャバクラを辞めたい」と強く言えない可能性もありました。

ですので、全く関係のない第三者にキャバクラを辞める手続きを代行してもらおうと考えました。

画像

なぜキャバクラを辞めるために「弁護士法人みやび」という弁護士の退職代行を選んだか。

友人がキャバ嬢を辞めた時に 『弁護士法人みやび』 で弁護士さんに依頼したというのを聞いたので選びました。

正直、インターネット上では色々とありすぎて分からなかったので、正直絞りきることができませんでした。

そして、女性向けの退職代行業に連絡してみると、「ナイトワークは弁護士の代行サービスが宜しいかと思います」と言われてしまいました。

確かに、ブラックなナイトワークは揉めることも多いと他のページでも読みました。なので、一般的な代行業者では交渉が難しいのかなとも思いました。

また、あまりにもキャバクラ側と揉めた時のために、個人的に弁護士にお願いしようかも考えましたが、どのくらいで頼めるかも分かりませんでした。

弁護士からあまりにも高額な料金を請求されても困ると思っていましたので、退職代行サービスを謳っていない近所の弁護士は諦めました。

また、色々とネットを見てもキャバクラを辞めるために利用できる弁護士の退職代行サービスを使用できるかが分からなかったのです。

そういった点では、

  1. キャバクラ(ナイトワーク)でも対応してくれる弁護士
  2. 退職代行を格安で対応してくれる弁護士事務所
  3. 友人が一度利用していた弁護士事務所

が『弁護士法人みやび』だったので、非常に安心感を持って利用できると考えたからです。

実際、友人から 『弁護士法人みやび』 の依頼金額を聞くと、55,000円と、意外とリーズナブルに利用できるとのことでしたので、そこの部分についても選んだ1つの要素となっています。

項目弁護士法人みやびの退職代行価格
相談無料
着手金55,000円(税込)
その他経費郵送代等
オプション未払い給料・残業代・退職金の請求は着手金無料

成功報酬は経済的利益の20%

\弁護士の退職代行ならココ一択!/

給料の交渉が必要な場合は「弁護士法人みやび」がおすすめですが、55,000円~と、少々割高にはなります。

簡単に・早く辞めたい場合は退職代行ガーディアン」だと25,000円以上安く辞められるのでおすすめです。

キャバを辞めるまでの不安と、退職代行事務所を使うまでは不安がありました。

キャバクラを辞めたいという意向を業者から伝えてもらったとしても、キャバクラ側から弁護士事務所を飛ばして、私に被害が来るのではないかと不安に思う部分がありました。

こちらの思いとしては、綺麗にあと腐れなくキャバクラを辞めたいというのが目的です。

弁護士事務所を通していても、私の連絡先をキャバクラ側は知っているので、キャバクラを辞めたいと考えていることが知られたときに脅迫や恫喝の電話などがかかってくることも充分に想定されました。

弁護士事務所を実際に使ってみるまでは、そこの部分の確約が確保できなかったため、それまではキャバクラからの連絡が来ないか?と、ビクビクとした生活を送らざるを得ませんでした。

弁護士事務所で「キャバクラを辞めたい」という思いはすぐに叶ったけど、デメリットがありました。

弁護士事務所での退職代行を使用してキャバクラを辞めたいとお願いした時から、私がキャバクラに出勤することはありませんでした。

もちろん、自分から退職を告げてキャバクラを辞めるわけではありませんでしたので、周囲にはキャバクラを辞めたいと思っている事が悟られないように極秘で事を進めていました。

弁護士事務所での退職代行ですぐにキャバクラを辞めたいという当初の目標は達成したものの、私は引継ぎよりも身の安全を取ったため、引継ぎは出来ませんでした。

従って、周りのキャバのキャストの子にもそうですし、キャバクラで私を指名をしてくれていたお客さんにも一切情報を漏らすわけにはいきませんでした。

なので、デメリットはキャバクラで指名してくれていたお客さんや同僚の女の子に対しての引き継ぎなどは全くできなかったことです。

すぐに辞めるには、それしかなかったため、当然と言えば当然なのです。

画像

キャバクラを辞めたい!けど揉めそう!と思ったときに弁護士事務所の退職代行を使うメリット・デメリット

キャバクラを1人で辞めるのが怖かった私は、キャバクラを辞めるためにサポートしてくれるのであれば、この費用は安く感じました。

大きなメリットとしては、退職代行サービスを依頼してから実際キャバクラを辞めるまでの間に、会社の人と会ったり話したりすることが一切ないのです。

キャバクラを辞めたくても辞められなかった私にとっては、これは非常に大きなアドバンテージであり、退職代行を使う強みでもあると思います。

弁護士さんは高いと思っていたので、5万円ほどの費用で安くて済んだのは非常にメリットを感じました。

デメリットは、先述したように指名をしてくれていたお客さんに、お礼を言えなかったり、同僚の女の子に引き継ぎを全くできなかったこと。

あとは、仕事を辞めるだけで高額な支払いをしなければいけなかったことでした。

まなのアイコン画像まな

給料交渉が必要なら弁護士のサービスがおすすめですが、少々割高です。
もし「簡単に・安く・確実に」辞めたい人は【退職代行ガーディアン】なら25,000円以上安く辞められるのでおすすめです。

「弁護士法人みやび」特徴・利用上の注意点は?

キャバクラを辞めたいと思ってから実際弁護士事務所での退職代行会社を使ってみての感想

自分でキャバクラを退職をすることに比べると、弁護士事務所での退職代行でキャバクラを辞められたことは非常にハードルが低かったと思います。

私が「キャバクラを辞めたいです」といざキャバクラ側に伝えたとしても、お店の人に嫌なことを言われたりすることが目に見えていたので、嫌な思いをことを考慮すると、すごくよかったです。

また、 『弁護士法人みやび』 で退職代行サービスの担当をしていただいた方についても非常に丁寧で、物腰の柔らかな人でした。

今まで話したこともないし。弁護士さんって怖いイメージだったのですが、そこはさすが毎日トラブルを扱ってるだけあるなぁという安心感が感じられました。

  • 辞めたいお店をちゃんと辞められるか?
  • 本当に安全にキャバクラを辞められるか?
  • 身の危険が無いか?
  • キャバクラ側から連絡が来ないか?

色々とはじめ不安ばかりでしたが、とてもこちらの気持ちを察してくださる人だったので、安心してお任せをすることができました。

キャバクラを辞めるために退職代行会社を使うか?迷っている人に言いたい事

キャバクラを円満退職ができる人は退職代行を使う必要は全くないと思います。

どうせなら無料で辞めたいし、キャバクラでお世話になったお客さんや女の子にもしっかりと引継ぎをして辞めたかったので。

でも、今回のように、いざ「キャバクラを辞めたい」と思ったときに、私のようなキャバクラの雰囲気だった時は使うべきです。

例えば、

  1. キャバクラ側と自力で退職の交渉が出来ない
  2. キャバクラ間との話が難航しそう・引き止めされそう
  3. 最後の給料を支払って貰えなさそう
  4. 退職の申し出により嫌がらせをされる可能性がある

こんな人は、是非とも退職代行を利用すべきだと思います。

キャバクラでの退職代行をオススメするならどんな人か

キャバクラ側にはっきりと「辞めたい」と退職の意思を告げられないキャバ嬢は、悩まずに退職代行をお願いするべきだと考えます。

お店と揉めてもいいやと強気に出られる人も居れば、私のように少しキャバクラ側の扱いや雰囲気に圧倒される人も居ます。

そういう人は、ずっとキャバクラを辞めたくても辞められなくて辛い思いをするだけです。

その辺は人によって性格などにもよりますし、状況もまちまちでしょうが、退職代行とは、立派に確立された退職をするための1つの手法です。

なにも違法なことをしているわけでは全くありませんので、キャバクラを辞めるために使っても負い目にとらわれる必要はないのです。

もし、キャバクラの雰囲気が悪いとか、自分でキャバクラを「辞めたい」と自分で言い出せない状況に置かれている方は、是非とも退職代行の利用をおすすめします。

使う前までは不安な日々でしたが、依頼をしてしまうと本当にすぐその悩みから解放されます。

今はどこのお店も人手不足なので、引き留めに合うキャバ嬢も多いと聞きます。

もし悩むくらいなら、是非、格安で辞められるサービスがあるので使ってみて欲しいです。

相談は無料なので、気軽に連絡してみてください。

参考

給料の交渉が必要な場合は「弁護士法人みやび」がおすすめですが、55,000円~と、少々割高にはなります。

簡単に・早く辞めたい場合は退職代行ガーディアン」だと25,000円以上安く辞められるのでおすすめです。

水商売・風俗でもOK◎
退職代行おすすめランキング

R2.8改訂

▼ランキング詳細はこちら▼

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる