ガールズバーのバイトを初めて体験|大学生が実際体験入店してみた口コミ

20歳の学生の女性Y・Rさんが、秋葉原のガールズバーに体験入店した際の体験談です。

  • 実際の仕事内容
  • 体験してみて楽しかったこと・嫌だったこと
  • 体験入店をおすすめする人はどんな人か

など、色々教えてくれました♪

画像

Y・Rさんプロフィール

東京都在住、学生(21歳)

容姿:痩せ型、身長158センチ、似ている芸能人は仲川遥香

今までに、スナックの体験入店1回経験。

体験の詳細

体験したお店:メイド喫茶風ガールズバー(席数20席ほど、姉妹店が何店舗かある大型店舗)

体験の給料:3時間で6,000円+交通費支給。

 

自前で必要だったもの:ストッキング、ヒール、肩掛けの小さいバッグ

かかった時間:3時間半くらい。(説明30分+着替え10分+実働時間3時間)

 

当日の流れ:20時前に入店し、23時に電車で帰宅。

体験後入店したか:した

ももちゃんのアイコン画像ももちゃん
メイド服ってちょっと着てみたいよね!!
まなのアイコン画像まな
わかる!

ガールズバーなら稼げるしおすすめだよ☆

\ガールズバイトの体験なら、ココ/

まなのアイコン画像まな
関東・関西・愛知の体験求人が沢山あるよ!
目次

ガールズバーのバイトを初めて体験しようとしたきっかけ

大学4年生で就活も終わり、自由な時間のみ与えられたとき、大学時代にしかできないことをやろうと思いました。

そんな時、大学の友達から秋葉原でメイドの恰好をし、ガールズバーで働いているという話を聞きました。

 

元々高校生の時に、メイド喫茶にお客として通っていたこともあり、そういったジャンルのアルバイトに抵抗はありませんでした。

そして、早速体験の予約してみることにしました。

ガールズバーのバイトの面接の流れと、面接内容

面接は、「友達が働いていて、色々聞いたことがある」と言うと、知っている説明を省いてくれました。

お陰様で早く終わり、面接の後すぐに体験入店を行いました。

 

ちなみに、面接の質問内容としては、

  • 夜の仕事を行ったことがあるか
  • 抵抗は無いか
  • 親など周りの環境面に影響はないか

などでした。

そのほか、お店のルールや、給料について説明してもらいました。

バイト体験入店当日の流れと、ガールズバーの先輩に習った事

そこのお店は、秋葉原にあるメイドの恰好をしたキャストがいるガールズバーでした。

用意されているメイド服に着替え、持参したヒールを履き、準備完了です。

 

業務を始める前にまず、お店の入り口に貼るチェキの撮影をしました。

その後、外販の仕方を教わりました。

ちなみに、外販と言うのは、街中で行うキャッチのようなものです。お店をアピールしてお客さんをお店に誘導するお仕事です。

 

外販は、お店の男性アルバイト2人に教えてもらいました。

(黒服とは言いませんがキャストの管理、面倒を見るアルバイトの男の子です)

彼らは実際に、アルバイト先(今回の体験入店をしたお店)に通う常連であり、声をかけられてアルバイトになった大学生でした。

彼らは今でも、稼いだアルバイト代をそのお店に使っているような、常連さんでかつお店の人間で、いわば「一番頼れる常連さん」といった感じです。

 

彼らの外販の指導は、「見た目の問題」はなく、

  • どういうフレーズの声出しをしている子がいいかとか
  • 自分から歩み寄るということが大切

というようなことでした。

実際外に出て色々教わりました。

体験入店のバイト任されたのは、外販と店内の接客の繰り返し業務でした

私自身、それまでのアルバイトで外販の経験はありましたので、外で不特定多数の人に向けて声出すことに抵抗はありませんでした。

秋葉原の大通りで実際に立ち外販をした感想としては、楽しかったの一言にあります。

お店の中で働くのとはまた違った、開放的な雰囲気の中で仕事が出来るのです。

 

私が働いていた秋葉原という立地の特徴として、「会社員」、「地方からの観光客」、「外国からの観光客」が多いのではないかと感じました。

また、男性と女性の比率は五分五分に感じましたので、来客いただくために外販する対象としては半分になります。

(女性も来店可能なお店なので、ごくたまに、女性の方が来店されることもありました。)

 

また、会社員はすごく迷惑そうな顔をしていましたし、外国の方は、私に教養がないので、外販対象外になりました。

そうすると、男性の秋葉原に観光しに来ている方が対象となります。

(常連の方は、お店に行くことを目当てに歩いているので外販対象外とします。)

こういった風に考えると、かなり対象は少ないのですが、「声を出してお店のことを売る」ということが業務ですので、

実際はターゲットを絞らずになるべく多くの方にお声がけをしていました。

その後、自身の声掛けで来店してくださったお客様とお話しし、そのお客様が帰られたらまた外販をするという感じの体験入店でした。

ガールズバーにバイトで体験入店してみた率直な感想。

メイドガールズバーで働いたという経験は、非日常の空間で楽しかったですし、体験後も続けたいと感じました。

衣装も可愛かったし、メイドとして働かないとなかなか着られないものなので息抜きにもピッタリでした。

そのまま体験後に入店の意思を伝え、スムーズに入店をすることが出来ました。

 

しかし、体験入店したお店は、キャストの子全員がそれぞれのTwitterのアカウントを持っていて、定期的に更新をするというのも業務の一つでした。

私はSNSがとても苦手で、その業務だけはとてもマイナスなものと感じました。

ですが、大切なお客様との繋がりを持つということは重要なので、他のキャストのTwitterを参考にし、少しずつですが、更新を行っていきました。

ガールズバー初めての人必見!おすすめする人は、話すことが好きな人・稼ぎたい人・やりがいを感じたい人

ガールズバーで働くということは、コミュニケーション能力が求められます。

ですので、やはり人と話すことが楽しいと感じている人には魅力的な職業ではないのかと思います。

 

他に懸念される点としては、

  • お酒を飲まないとできないお店があることと
  • 深夜帯にも働く

ということです。

ですがこの面もポジティブに考えると、お酒好きで、深夜帯に勤務しても、生活に支障がないという方には最適なお仕事ではないでしょうか。

特に、一人暮らしの人等はピッタリですね。

私は、深夜帯にヒールで立ちつつけてお酒を飲むという経験が無く、何もかも初めてでしたが、体験でお客様とお話しすることの楽しさを見つけていたので、続けることができました。

 

また、お金を稼げるというところもメリットです。

私が体験入店したお店は、インセンティブがありました。

具体的には、

  • 新規のお客様を外販で引っ張ってくる
  • お客様にお酒を入れていただく

というようなことで、給料や時給に反映されます。

 

指名の数が増えていくと、基本給料が上がるというような制度や、ボーナスが入るようなことがありました。

普通のバイトなら、時給は固定だし、いくらお店のために頑張っても時給が上がることはほとんどありませんよね。

時給が上がっても、10円や20円の話です。

しかし、ガールズバイトなら、こういった売り上げを集計し、毎月ランキングが裏で発表されていました。

 

こういった評価される制度も、やりがいを求める人にとってはモチベーションにつながるのではないでしょうか。

普通にバイト先で働いていても、褒められることも表彰されることもありませんよね。

頑張った月は、しっかり自分の頑張りが他の人に認められるので、やっぱり嬉しいです。

目標をもって働けるという意味でも、なかなか体験できないバイトだと思います。

ガールズバーの体験入店は気軽に稼げるいいバイト!

ガールズバーは、深夜に働くことや、比較的若いうちにしか出来ない仕事内容です。

なので、ガールズバイトが出来る人や、バイトが出来るタイミングは限られています。出来る人は気軽に応募した方がいいです。

 

体験入店だと、合わなくても後腐れなくその場を去ることが出来ますし、体験入店で働くだけでかなりの金額が稼げます。

そして、「初めて」という扱いなので、「出来なくて当然」と周りに思われているので接客のクオリティは求められません。笑

 

色んなお店の体験を体験入店して楽しみながら稼いでみて、もし「このお店に入りたいな」と思ったお店がもしあれば入る、みたいな感じでいいかと思います。

 

\ガールズバイトの体験なら、ココ/

まなのアイコン画像まな
関東・関西・愛知で体験出来るよ!
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる