ホストから昼職への転職体験談|ホスト辞めた後半年で内定した男性の体験談

ホストに憧れて働いていたものの、将来性を考えて転職をしたM・Iさんの転職体験談です。

M・Iさんプロフィール

M・I(27歳)名古屋市の会員制ラウンジで週6、5年間勤務。

店での順位は6位。稼ぎは月40万ほどで転職時の貯金額は100万円。

ホスト退職予定の1年前に転職支援サイト『DYM就職』に登録し、約6か月後に正社員の内定を貰う。

転職先は保険代理店の営業職。

くろくんのアイコン画像くろくん

使用した転職支援サイトはこちら!

フリーターに強い就職支援サービス

最短1週間で入社可能!DYM就職

※利用は完全無料

目次

ホストを辞めたいと思ったきっかけと、昼職に転職を決意した訳

私がホストを辞めようと思ったキッカケは、将来性がないと感じていたからです。

これはキャバ嬢やホステスさんでも同様であると思うのですが、どうしても新人の若い子の方でリピート率が高いですよね。

ホストは歳を重ねていくごとに淘汰されていく現実が待ち受けていたのを最初から分かりきっておりましたので、どこかの段階で見切りを付けなければならないと思っていました。

お客様のコールでお酒を飲む量が尋常じゃ無い位に飲ませられることもあり、そう言った面でも ホストの仕事は考えなければならないと思いました。

また、超体育会系のホストクラブで勤務していたため、従業員同士での飲み会で飲まされることも多かったのも理由の一つです。

ホストから転職をしようと決心した際の心配たっだことは?不安だったことは?

ホストクラブを辞めるにあたりあった不安は、辞めたいという事を中々言い出し辛かった部分です。

しかし、ホストの世界では、憧れて入ってくる若い世代の方が非常に多いので、そう言った意味で、切り出し易いタイミングはありました。

新しい子が大量に入ってきた時に「今が転職を言い出しやすいチャンス」だと思ったので、思い切って店長に打ち明けました。

結果、了承してくれて最高の気分でしたし、正直ホッとしました。

やはり、入れ替わりが激しい世界なんだと改めて実感しました。

ホストを辞めるための準備とは?引継ぎは?気を付けた事は?

私がホストを辞める最終日までに実施した内容は、とにかく、引き継ぎでした。

固定のお客さんには来店時に退職日を告げ、「頑張ってね」と激励を貰い、正式に後輩に引き継ぎました。

私の後釜 は新しいアルバイトの若い子となったので、その新人に徹底的にお酒の飲み方のノウハウを教える形になりました。

例えば胃が空っぽの状態では絶対お酒を飲んではいけないとか、営業メールの送り方とか、お酒の飲み方について等基本的な所からです。

営業の仕方等はそれぞれやり方もあるので、自分の場合はとにかく身体を壊さないようにということを重点的にアドバイスしました。

きっちりと教える事で、自分が辞めやすくなるからというのもありました。

ホストから昼職に転職をする時に、なぜ転職支援会社を使用したか?

私は、ホストから昼職に転職しようとしていたものの、自分自身の職歴に自信がありませんでした。

  • 昼間のお仕事を一度も経験していない自分
  • 職歴無しの自分
  • 履歴書の書き方さえ分からない自分
  • 昼職がしっかり勤まるのか不安な自分

こんな自分でとにかく不安でした。

  • こんな状態で昼職の仕事、堅気の仕事って見つかるのか?
  • 職歴無しの状態で正社員として雇って頂けるであろうか?
  • 履歴書の書き方も分からない状態で、こんなので受かるのか?
  • どんな仕事を受けたらいいのか?
  • 就活のマナーや常識は・・・?

色々分からないことだらけで、どう初めの1歩を踏み出せば良いのかも分からず悩んでいました。

そこで、徹底して誰かに相談に乗ってもらいたいと考えました。

それを実現してくれた転職支援会社こそが、 『DYM就職』でした。

DYM就職 では、専属のキャリアアドバイザーがマンツーマンで指導してくれるので二人三脚で就活できる点が非常に魅力であると思いました。

また、履歴書の添削や面接の受け答えまで、特訓してくれる事が書かれていたため、自分には『DYM就職』しかないと思いました。

フリーターでも正社員に!

エージェントが就職できるまで二人三脚!DYM就職

※利用は完全無料

ホストからの転職先が見つかるまでの苦労と生活面は?

私は 『DYM就職』 で職探しを依頼しながら、転職活動を実施する形になりました。

その間一人暮らしをしていたのですが、やはり無収入では暮せないと思い、生活費を充実するためにも一度、親元へ戻ろうと思いました。

その結果、朝、昼、晩の食事の提供を受けれたので、良かったと思いました。

ホストからの昼職転職で就活支援サービスを使ったメリット

私が DYM就職 を選択して良かった理由は、やはり徹底されたマンツーマンによるフォローでした。

何か分からない事があれば担当の人に質問が出来ましたので、これがあるが故に転職活動において非常に助かりました。

また、職業適性検査をしてくれましたが、それで自分自身の職業適性を再度見直すことができました。

なぜなら、昼職に転職したいと考えていたもの、自分に向いている仕事が分からなかったからです。

実際、ホストから昼職に転職して、どうだったか?

実際に昼の職業に転職してみて、これまでのホストでの仕事が嘘だったかのように、真面目に仕事に打ち込める形になりました。

ホストってある意味運などに左右されるところがあったので努力が実らない時も多かったのですが、昼職は自分の頑張りを評価して貰えます。

こんなにも真剣に真面目に働ける職場があるなんて!と言う形で実感し、昼の職業の真面目さに惚れ込みました。

自分自身が精一杯努力することで、全てを認めて貰える。

そして、それが自分自身を更に高めてくれる環境であると言うことも気付くことができました。

ホストからの転職で転職支援サイト使ったことのメリット・デメリット

ホストからの転職で転職支援のサービスを受けるメリットは、キャリアコーディネイターがついてくれる部分にあると思います。

ホストからの転職って、昼職を経験した事が無い人がほとんどで、分からない事や不安な事だらけですよね。

自分もまともに就活をした事が無かったので右も左も分からないことだらけでした。

そんな人ほど、 DYM就職のような、マンツーマンで何でも相談できるサービスは受けるべきです。

無料で受けられますし、就職が決まるまでしっかりサポートしてくれますから安心出来ます。

デメリットは、転職に限らず自分自身で行動しなければ何も始まらない点であります。

必ず昼職に転職したいという意思が無いと頑張りが続かない所だと思います。

本当に就職したいと思わないと、せっかく支援してくれてもあまり意味が無いからです。

転職支援サービス 『DYM就職』 は、

  • ホストや水商売しか働いてきた事が無い人
  • 就活をした事が無い人
  • 夜のお仕事で苦しんでおられる方

にオススメです。

無料で、就職が決まるまでサポートしてくれる力強い味方です。

一度見られてみることを強く推奨します。

くろくんのアイコン画像くろくん

相談だけでも無料でOK♪

フリーターに強い就職支援サービス

最短1週間で入社可能!DYM就職

※利用は完全無料

他の人の体験談はこちら!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる