地雷男の本性は、彼女以外と2人で旅行に行きまくる常習犯でした

私が大学2年生(20歳)の時に出会った地雷男とのエピソードをご紹介します。

  • 彼女が居るのに旅行に誘った手口
  • 二股がバレたのに開き直った理由と驚きの言い訳
  • 次に二股男に引かからないようにするための教訓

をお話しします。

 

  • 登場する地雷男:同じ大学のサークルの先輩(22歳)
  • 地雷男との顛末:3カ月付き合い、その後破局
  • 地雷度:★★★☆☆

画像

ライターE・Mさん

東京都在住E・Mさん。大島優子似の標準体形、身長157㎝。

目次

私が地雷男と出会ったきっかけは、同じサークルの先輩だったこと

私は大学生になったばかりの時に、いくつかのサークルの見学に行きました。

その時に「プラネタリウムサークル」という非公認の小さいサークルがあり、気になって体験で参加しました。

プラネタリウムはおまけ程度で、年に一度新入生が入った時に見に行くくらいです。

 

普段の活動は体育館を借りてスポーツをしたり、ご飯を食べに行ったり、長期休暇には星空が綺麗そうな場所に旅行に行ったりする、自由なサークルでした。

メンバーは全部で20人ほどいて、男女比率は半々くらいでした。

活動日は曜日だけ決められていて、来れる人だけ部室に行っては、その日にやることを決めるようなゆるいサークルでした。

バイトが忙しくなかなか来れない人も在籍していました。

私が地雷男と出会ったのはそのサークルの体験です。

彼は私の2年先輩でした。

優しそうで、どちらかといえば地味目だけれど、清潔感がありダサくはない…。

背もそこまで高くなく、標準体型で柔らかい物腰。

そんな彼はどの先輩よりも話しかけやすく、すぐに仲良くなりました。

地雷男と付き合うまでの経緯と、彼女が居るのに私を旅行に誘った手口

彼とは好きな漫画や映画の話で趣味が合い、作品を貸し借りするようになって急激に仲良くなりました。

 

サークルの飲み会では自然と隣に座るようになり、よく二人でも大学内で会って、話すようになりました。

それからラインが頻繁にするようになり、毎日のようにメッセージのやり取りを行っていました。

なので、だんだん彼の存在が自分の中で大きくなり、意識するようになりました。

私が彼のことを好きだと気づくのも遅くはありませんでした。

 

サークルで1年間、先輩後輩として接し続けて親密になり、私は2年生に、そして彼は4年生に進級しました。

その頃に、二人きりでもよく遊びに行くようになりました。

ご飯に行ったり、映画に行ったり、デートのようなことを何回もしていくうちに、彼から次は「旅行に行きたいね。」と言われました。

 

私は、「まだ告白もされておらず正式にお付き合いしていないのに、二人きりで旅行に行くのはおかしい」と思い、彼に曖昧な態度をとりました。

だんだん話が進むうちに、私の表情を見た彼が「行きたくないの?」と聞いたので、「みんなは誘わないの?」という風に返しました。

その日はそれ以上話が進まず、後日ラインが届きました。

 

「みんなは誘わずに二人で行こう。伝えたいことがあるので話もたくさんしたいから。」と言われ、彼を好きな気持ちもあったので付き合う前に旅行にいくことになりました。

実際は旅行も楽しく、観光を目一杯楽しみました。

夜になり部屋に戻った時に、付き合って欲しいと告白され、そのまま男女の関係になりました。

当時は好きな人に告白されて付き合えたためとても嬉しかったです。

「地雷男」と判明した理由と驚きの言い訳とは?

彼と付き合いだしてから、「恥ずかしいから周りには言わないでおこう。」ということになりましたが、仲のいい人には伝えていました。

それからはだんだん周囲に広まっていきました。

そして、まだ付き合いだした旅行の日から1ヶ月もたたないうちに、ある衝撃の話を聞きました。

 

それは、私の友人が気まずそうに教えてくれたのですが、「先輩には同じ学年に付き合っているはずの人がいる。」ということでした。

また、それだけではなく「先輩は彼女がいるのに、以前も別の女性と二人きりで旅行に行ったことで修羅場になっていた。」ということ。

どうやら先輩の学年にはもともと付き合っているはずの彼女と、二人で旅行した別の女性がいるらしく、4年生の間では有名な話のようでした。

私は信じられず、その日の夜に彼に電話をし確認しました。

彼女がいて自分は二股相手なのか、また旅行に行った人はどういう関係なのか、自分は彼にとってなんなのか…。

 

すると彼の返事は、

「確かに彼女は居たけど最近は話していないので自然消滅のようなものだと思っていた。」

「旅行には観光目的で行ったので、女性と二人きりだろうがよくあること。普通だと思って欲しい。」

「付き合っていて他の人と旅行に行って欲しくないなら、残念だけど別れてもらって構わない。」

という答えでした。

今後もまだ別の女性と旅行に行こうとしている彼に腹が立ち、「体目的じゃないの?」と言ってしまいました。

地雷男との結末は、既読無視&大学内で避けられる最低な結果。

あの日電話してから、ラインも既読無視され、大学では避けられ続けそのまま彼は卒業しました。

 

聞いた話だと、自然消滅したと言い張っていた女性とまた付き合いだしたようです。

優しくて話しやすい、地味目な人…だから誠実そう、真面目そう、と勝手に思いこみ、本当に騙されました。

 

「旅行で告白してもらえるのだ」と思い上がり、まんまと行ってしまい、結局ヤリ捨てのような状態になって後悔しています。

私が出会った地雷男の特徴と次に地雷男に引っ掛からないための教訓

私が出会った地雷男の特徴をまとめると、

  • 彼女がいても女の子と二人で旅行がしたい男
  • 少し連絡がないと自然消滅だと言い、別に女を作る
  • 都合が悪くなるとラインは既読無視

という最低な男でした。

旅行で告白をされるかのような手口で女の子との関係を常に狙っている手口です。

 

私の教訓は、

  • 付き合っていない相手とは旅行にはいかない!
  • また、気になる男性が居たら、その男性の恋愛遍歴を周りに聞いておくこと!

これを徹底していこうと思います。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる